副作用を知ろう | 低用量ピルの正しい服用方法を知り、避妊を行おう

副作用を知ろう

頭が痛い

低用量ピルは多量の女性ホルモンで作られています。
なので、服用することによって体内には多量の女性ホルモンが満ちた状態が人工的に作られるのですが、その際、身体のホルモンバランスが乱れることが原因で、様々な副作用が起こる可能性があるのです。
これらの症状というのは、継続してピルを服用し、身体の中に女性ホルモンが多量に存在している状態を作ることによって、徐々に症状が治まっていくのですが、どのような症状があるのかを知ることによって、過度に不安に感じる事もなくなるので、低用量ピルを服用する際には副作用についても知っておきましょう。

低用量ピルを服用した際に発生する副作用の中でも特に多くの人が発症する副作用に、吐き気、胸のハリ、めまいと言った症状があります。
これらの症状というのは、女性ホルモンの増加が原因で発症する症状ですが、比較的軽度の症状となっていることが多いので、服用後体調が悪いような気がする……と感じた時には過度に不安に感じず、ゆっくりと体を休め、徐々に女性ホルモンの量に慣らしていくようにしましょう。

一般的に低用量ピルを服用した際に発生する副作用というのは、2ヶ月から3ヶ月ほど服用を行うことによって、身体が女性ホルモンが多い状態になれるので、副作用が治まると言われています。
なので、服用を行った際に副作用が2ヶ月ほど継続するのは特に異常ではありません。
ですが、あまりに長期間副作用が継続する場合、女性ホルモンが原因で副作用を発症しているのではなく、低用量ピルの成分が原因で副作用を起こしている可能性もあるので、その際には薬を変更してもらうように医師に相談をしてみましょう。