偽薬で確実な服用を | 低用量ピルの正しい服用方法を知り、避妊を行おう

偽薬で確実な服用を

白湯を飲んでいる

経口避妊薬である低用量ピルですが、この低用量ピルには21錠シートと28錠シートと呼ばれる2種類のものがあります。
21条のものは1シートに低用量ピルが21錠取り付けられており、28錠シートの物は21錠の低用量ピル、そして7錠の「偽薬」と呼ばれるものが取り付けられています。
この2種類の低用量ピル、どちらも服用する際にはシートに記載されている1から始まる連番を月経初日から1日1錠のペースで服用していく……と言うものになります。

そのため、21錠シートの物は21日目で最後の1錠を服用し終えるのですが、28錠のものは7錠偽薬が残った状態となるのですが、28錠のものは偽薬も同じように1日1錠で服用を行い、21錠のものは7日間の休薬期間というものを取ります。
この7日間の間、体内の女性ホルモン濃度は元の状態に戻り、その際月経に似た出血が発生するのです。
そして、7日間の偽薬を服用する期間、もしくは休薬期間が開けた後、また新しいシートの1錠目から服用を行っていくことになります。

人によってはどうして28錠シートの偽薬を服用する必要があるのか、と思うかもしれません。
ですが、それにはきちんとした理由があり、21錠シートのものは休薬期間が発生していますが、28錠シートのもの偽薬の服用をその期間行い、その後すぐに新しいシートでの服用を行っています。
つまり、この28錠シートは、物理的な方法で服用再開の防止を行っているのです。
なので、忘れっぽい人からすると、この28錠シートというのは非常にありがたいもので、偽薬というのは確実に避妊を行うために必要不可欠なものなのです。